FC2ブログ

ヒラメキ

 月2回の講座が終了して、続けるならそろそろ二胡の購入を決めなければと悩んでいたところに、先日電報を送ったAの演奏会の感想をちらほらと耳にするようになって、太鼓は素晴らしいが笛はアレだった(笑)…とかが頭に残ってて、それならAと笛で何かできないかとぼんやり考えたりしてました。笛の音読みは汽笛とか鼓笛隊の「テキ」やな〜から二胡×笛の二胡笛隊を思い付いたらすっかり気に入ってしまい、アタマから離れなくなったのですよ(笑) どうせならカタカナで意味不明にさせようとあれこれ紙に書いたりして出来上がったのがコレです。あぁ、今すぐAに伝えたいっっと施設休館日の深夜に悶絶してたのが私Yです。nikoteki
AtoYは聞かれたらAtoZの一つ前で「未完成」ユニットとか言いますが(笑)「AとY」です。

続きを読む

スポンサーサイト

アマノジャク

 通ってるスポーツクラブのインストラクターのAが割とフレンドリーで趣味を超えたウエイトで和太鼓をやっている事や、それに伴う演奏会情報なんかも講座の合間に話すようになって、今回の会場を聞いて「遠くて行けない」と言ったものの何人かのマダムは行くと言ってるし一緒に行って驚かせるのもアリかと思ったりしてたのですよ。確か二胡入門がある施設自体が日曜・祝日が定休日だったしとスケジュール確認するとしっかり○印が…払い込んでる1回¥2700の講座をサボってAの演奏を見に行くのかと自問自答の結果…祝電を送りましたとさ。D-MAILとか便利なサイトがあるんやな

dmail

電報ってお高いのですね…結局レッスン代とあまり変わらない出費に(°_°)

続きを読む

キオク

niko
 無事教室が決まって、入会金・受講料だけ支払いして本当に手ぶらで臨んだレッスン初日。
先生の思い違いか「生徒はおじさん2人」と聞いていたところに女性が現れるわ「入門クラス」なのに時間と曜日が丁度良いとかで、お二方とももう3年になると聞かされるわで恐縮してる中でのレッスン開始…初めて見た二胡は何ともシンプルで華奢で頼りない印象なのに、先生たちが弾く音はしっかり芯がある哀愁を帯びた音色で完全にやられました。簡単に構造と取扱の注意、運指・運弓の基礎を習って、さっきの感動が残ってるあの音をイメージしてまず開放弦…「ギャ〜」力みすぎか、じゃあ軽めで…「ギャ〜」弓の角度?二胡の位置?…「ギャ〜」数分の格闘ののち先生にそっとクリップみたいなのを(弱音器というモノらしい)付けられ、その日はそのまま音階練習→キラキラ星→浜千鳥を弾いて終了(´・_・`)これは先が長くなりそうだ…レッスン後新入り(笑)を囲んで話してる中で先生から「しばらくはニ長調で行きますが、ニ長調とは?」と振られて「レから始まるドレミファソラシド」と即答できた自分に驚いた…ここでエレクトーン教室の経験が生きるとは(°_°) 先生も意外だったらしく「そう答えられるYさんは伸びます」と…いや、それよりこの「ギャ〜」を何とか…

続きを読む