FC2ブログ

オタマジャクシ

 ようやく自分の二胡が届いて借りっぱなしだった二胡も先生にお返したのですが、通常こういう教室では先生を通して楽器を購入する習わしみたいなのでやや緊張しました。チラっと見て「材質は?」「おいくらでした?」くらいで後は特に何も言われず安心しました(-∀-) 借り物だったのと、二胡が届いてからも弾いても弾いても「ギャ〜」だったので家ではほとんど触っておりません。が、そんな個人の事情などおかまいなしに進みます…結局うまく弾けないまま「浜千鳥」の次の曲は「摘椒」(なんて読むかわかりません)入会前に色々調べてた時に二胡は数字譜とあったので数字譜とは何ぞや?とこの画期的なシステムに感心してたのに、こちらの先生は数字譜否定派で「演奏時は五線譜を見て下さい」と事あるごとに言われ、簡単な譜面でも「ここは(レ)だけどもニ長調なんで(ド)やな」と頭の中で妙な回り道をして指は動かないわ、音はギャ〜だわで嫌になりかけた時に音符の上に小さな数字が…これは指の番号だと気付いてからスムーズに弾けだして、先生に褒められるも…音符みてません(。-_-。)
gakufu
コレでいいのか?いや多分良くない…

続きを読む

スポンサーサイト

スレチガイ

 盆休みとはいえ午前の法事の後は特に予定もなく、プールへ。結成を持ちかけて以降、何となく気恥ずかしさみたいなのもあってAとはあまり話せてなかったこのタイミングで監視台にAの姿が…しかも居眠りしている(笑)ゆっくり近づくと気配を感じたのか目が合う。「いま寝てませんでした?」「いいえ、監視してましたよ」で一気に和んで世間話。盆休み期間は大人講座も子供講座もない上、営業時間も短縮なのでスタッフ一同穏やかで平和です(*´v`)で気を抜いてたら「Yさん、いつ始めます?」えぇっ結成で安心して具体的なプランは何もない…「いや、まだレッスン2回受けただけやし音もギャ〜やし…」「…そうですか」盆明けにはマイ二胡も届くし、頑張らなければっとここで初めて思った次第です。

続きを読む

ネコニコバン

 講座に申し込んだ当初から「二胡は¥4〜¥5万で用意できますよ」と言われてたし、続くかわからないのでとりあえず¥5万の予算で考えてました。が、「入門用」と言うことはそこそこ弾けるようになると自分の性格から確実に別のが欲しくなる…ので先生に相談しようかと思ってたところに先日の件があり、先生を通さずネット通販での購入を決めました(大丈夫なのか…)とりあえずamazonで最初にヒットした古月琴坊というところの入門用二胡が弓やらケースが付いて定価¥48,000→¥38,880…なるほど。紅木?黒檀?紫檀?結局説明を読んでもよくわからないので自分的にちょっといいヤツって事で定価¥180,000→¥155,520のをポチりました。入門用4台分…もう続けるしかありません。┐(´-`)┌ER1600
=厳選された老紅木が豊かな音色を生み出す上級モデル=コレで頑張ります

続きを読む

リンキオウヘン

 月曜は台風5号接近で仕事も休みだったし、夕方には雨も小降りになってたとはいえ大雨・暴風・洪水・波浪警報は17時の時点で継続中だったので二胡講座も休みだろうと一応確認のため電話をかけるも繋がらない…それならとHPを見たらありました。

Q , 台風時などの開講か否かの判断は?

講座開講時刻2時間前に徳島県徳島市に
暴風・大雨の両警報が発せられた場合は原則として休講いたします。
警報解除後2時間後から始まる講座は平常どおり行います。
判断に迷われる場合は当校へお問い合わせください。


講座は19時からなので原則ならばと休みました。
今日はヨガの日なので、振替日とかフロントに聞いたら「昼間の講座はお休みしましたが、夜は雨も上がったのでやってたみたいですよ…休講の場合は連絡しますし」え、ワタクシの判断ミスですか(°_°)?

ヨガで癒されて帰ります…

続きを読む

ワタリニフネ

 ニコテキタイで1人で盛り上がってやや暴走モードだったのを落着かせた三日後。今日はAに会える。さてどうやってAに切り出そうかとあれこれ考えた。やはり視覚に訴えようと例のニコテキロゴを印刷して、「ゆるへた」で行きたいコンセプトを打ち出して、それより唐突だし強引じゃないか?引かれないか?断られないか?…と告白前の男子中学生のような気持ちになってたところにスポーツクラブで馴染みのダンディーに梨を頂く。贈答用の箱で(笑)これはチャンスだと二つほど取ってAにごく自然に近付く「今もらったから良かったらお裾分け」「えー、梨大好きなんですよ」よし、この流れならいけると「ちょっと考えてる事があって〜」から思いの丈をぶつけました…しばし沈黙の後「面白そうですね、やりますか」と。めでたく8月3日(大安だったり)が結成記念日となりました。

nashi

…救いの梨があまり甘くなかったのはご愛嬌。

続きを読む